交通事故 2台の軽乗用車が衝突し、高校生の山蔭真菜さん(18)が死亡した事故で、末松孝広容疑者(44)を現行犯逮捕 青森県十和田市相坂六日町山の国道4号線の交差点

事故の概要

2017年7月9日午後、青森県十和田市相坂六日町山の国道4号線の交差点で、2台の軽乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で青森県十和田市相坂高見の村舘すみ子さん(72)が意識不明のまま病院に搬送されました。

また助手席に同乗していた孫で高校生の山蔭真菜さん(18)も病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、搬送先の病院で事故から約4時間後に死亡が確認されました。

青森県警は岩手県二戸市に住む会社員の末松孝広容疑者(44)を現行犯逮捕して事故原因を詳しく調べているとのことです。

引用元:http://www.atv.jp/news/?id=00002769

事故の状況について

同署によると、事故の現場は信号機のある十字路で、右折レーンから右折中の村舘さんの軽乗用車の左側部に、直進してきた末松容疑者の軽乗用車が衝突した事故になりました。

事故当時の信号の状況などを調査中ということです。亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

 

補足関連記事

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA