交通事故 バイク2台が乗用車に追突されて、小谷野浩一さん(34)が死亡した事故で、松坂悠太容疑者(20)が逮捕 埼玉県宮代町の圏央道

事故の概要

2017年7月9日午前2時ごろ、埼玉県宮代町の圏央道で並んで走っていた2台のバイクに乗用車が追突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた埼玉県川越市の小谷野浩一さん(34)が死亡したほか、もう1台のバイクの男性も重傷を負っています。

乗用車を運転し、ひき逃げや酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、埼玉県鴻巣市に住む建設作業員の松坂悠太容疑者(20)です。

警察の取り調べに対し、松坂容疑者は「飲酒運転がばれると捕まると思って逃げました」と供述しており、容疑を認めています。

 

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170709-00000031-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170710-00000004-ann-soci
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170710/5019501.html

事故の状況について

乗用車に乗っていた20代の男性3人は、現場から約1キロ先で警察に通報したということです。警察は、乗用車が制限速度を大きく超えて追突したとみて、車に同乗していた他の男性2人からも事情を聴いています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA