交通事故 造成工事の現場で作業員男性がダンプカーにひかれて死亡した事故で、河野宏容疑者(63)を逮捕 北海道札幌市南区定山渓

事故の概要

2017年7月8日朝、北海道札幌市南区定山渓にある果樹園の造成工事の現場で、ダンプカーを誘導していた作業員の男性がダンプカーにひかれる事故がありました。

この事故で、男性は頭や胸などを強く打っており、まもなく、死亡しました。

警察はダンプカーを運転していた北海道札幌市西区発寒に住む河野宏容疑者(63)を過失運転致死の疑いでその場で逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は、北海道札幌市南区定山渓にある果樹園の造成工事の現場で、車両の誘導をしていた作業員の男性が、砂利を下ろそうとバックしてきたダンプカーにひかれて下敷きになりました。

警察の調べによりますと男性は別の作業員と2人で、ダンプカーを誘導する作業をしていたということです。

警察の調べに対し、河野容疑者は、「後退しているときに男性が見えなかった」と話しているということで、警察は、現場での確認作業や安全管理などの詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA