交通事故 バイクと乗用車が衝突する事故で、橋本純敏さん(56)が死亡 長崎県長崎市赤首町の国道202号線

事故の概要

2017年7月2日午後2時半ごろ、長崎県長崎市の国道で、バイクと乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた長崎県佐世保市鹿子前町の橋本純敏さん(56)が病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、搬送先の病院で1時間後に死亡が確認されました。

乗用車に乗っていた3人にケガはないということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5034789751.html

事故の状況について

事故の現場は、長崎県長崎市赤首町の国道202号線のカーブが連続する片側一車線の道路で、バイクと対向して走ってきた乗用車が衝突しました。

事故が起きた場所はバイクの進行方向に向かって左にカーブしているところだということです。

警察の調べによりますと、亡くなった橋本さんは仲間とともにオートバイでツーリングをしていたということです。

現場の状況などから、バイクが対向車線をはみ出して自動車と衝突したものとみて、事故の詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

対向車線に飛び出しての事故の場合、双方が動いていた場合においても、相手側に過失がない可能性があります。
この場合、無責事故となり、損害賠償請求をすることができません。

自動車交通事故での無責事故とは何か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA