交通事故 駐車場から出てきた乗用車が自転車をはねる事故 大分県大分市下郡の市道

事故の概要

2017年6月29日午前7時25分ごろ、大分県大分市下郡の市道で、駐車場から出てきた乗用車が、自転車をはねる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた男性(55)は転倒し、頭を打っていますが軽傷だということです。

乗用車は男性と接触事故を起こした後、自転車を200メートルほど引きずったまま逃走しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170629-00000030-ann-soci

事故の状況について

自転車に乗っていた男性は通勤途中で、転倒した際に頭などを打ちましたが軽傷です。

車は200メートルほど自転車を引きずり、そのまま走り去っており、逃げた車はゴールド系の色で、ナンバーなどは分かっていません。

警察はひき逃げ事件として、防犯カメラの解析など車の行方を追っています。

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA