交通事故 大学生の大野祐輔容疑者(21)の乗用車が、大学生の石田圭大さん(19)が乗る自転車をはねて死亡させた事故 愛知県一宮市常願通7丁目の信号交差点

事故の概要

2017年6月14日午後11時10分ごろに、愛知県一宮市常願通7丁目の信号交差点で、同市に住む大学生の石田圭大さん(19)が乗る自転車が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で石田さんは病院に搬送されましたが、搬送先の病院でまもなく死亡が確認されました。

警察は乗用車を運転していた一宮市の大学生の大野祐輔容疑者(21)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 

事故の状況について

事故現場は、国道22号線と国道155号線の交差点で、愛知県一宮市に住む大学生の石田圭大さん(19)が自転車で横断歩道を渡っていたところ、一宮市の大学生の大野祐輔容疑者(21)の乗用車にはねられてしまったということです。

警察は事故当時の状況を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

参考元:
https://www.nagoyatv.com/news/?id=166521&p=1
https://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news86235135.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA