交通事故 女性ひき逃げ事故で、ゴメス・デ・オリベイラ・アンデルソン容疑者(23)を逮捕 愛知県名古屋市北区大曽根の国道19号線

事故の概要

自転車の女性をひき逃げした事故について、愛知県碧南市に住むブラジル国籍のゴメス・デ・オリベイラ・アンデルソン容疑者(23)を逮捕しました。

アンデルソン容疑者は無免許で、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

 

事故の内容

2017年6月11日午前11時ごろ、愛知県名古屋市北区大曽根の国道19号線の信号機のある交差点で、自転車に乗っていた60代の女性が車にはねられる事故がありました。

この事故で女性は、頭などに軽傷を負いましたが、車は救護措置をとらずに、そのまま事故現場から走り去ったということでした。

警察は目撃者の証言などから、逃げた車を特定し、愛知県碧南市に住むブラジル国籍のゴメス・デ・オリベイラ・アンデルソン容疑者(23)を逮捕しました。

アンデルソン容疑者は無免許で、容疑を認めているということです。

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA