交通事故 定員オーバーの車が飲酒運転でバイクや乗用車に追突した多重事故 埼玉県春日部市永沼の市道

事故の概要

2017年6月11日午前0時50分ごろ、埼玉県春日部市永沼の市道で、乗用車が原付きバイクに追突し、更にバイクの前方にいた乗用車にも衝突する事故がありました。

この事故でバイクを運転していた同市中央3丁目に住む小池光男さん(63)が病院に搬送されましたが、頭を強く打つなどして意識不明の重体となっています。

県警は追突した車を運転していた春日部市の作業員の少年(18)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕しました。

事故の状況について

県警によると少年は友人らと霊感スポットへ行く途中で、運転していた少年を含め、いずれも18歳の男女計6人が、定員5人の車に乗っていたということでした。

また呼気検査などから、運転手を含む全員が飲酒していたことがわかった。バイクの後に衝突された車の女性(68)にけがはなかった。

怪我をされた方が一日も早く意識を取り戻し、元気になられることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

無免許運転や飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA