交通事故 佐藤市郎さん(78)が大嶽勇太容疑者(30)の乗用車にはねられ亡くなった事故 愛知県名古屋市緑区の県道

事故の概要

2017年6月6日午後8時45分ごろ、愛知県名古屋市緑区の県道で、道路を横断していた78歳の男性が、乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で愛知県名古屋市緑区に住む佐藤市郎さん(78)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、搬送先の病院で30分後に死亡が確認されました。

この事故で警察は、乗用車を運転していた緑区の会社員の大嶽勇太容疑者(30)は過失運転致死の疑いで逮捕されています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00002975-cbcv-soci

 

事故の状況について

事故の現場は、名古屋の緑警察署によりますと、愛知県名古屋市緑区徳重1丁目の県道です。

大嶽容疑者が佐藤さんを車ではねた後、事故の衝撃で佐藤さんは対向車線に飛ばされ、別な車両にもはねられてしまったということです。

大嶽容疑者は容疑を認めていて、警察の調べに対して大嶽容疑者は「道路の中央付近から突然、人があらわれた」と供述しているということです。

警察はもう一方の乗用車を運転していた40歳の男性からも話しを聞くなどして事故の詳しい状況を調べています。

この事故の考察

交通事故では民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任を果たすことになりますが、民事責任については過失割合に応じて2人の運転手が連帯して責任を負う事になります。

2台の車両の運転手が回避不能のタイミングであれば過失は生じないかもしれません。

刑事責任については、致命傷を与えた方の運転手が自動車運転過失致死、もう片方が自動車運転過失致傷となります。

歩行者が複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA