交通事故 店員とのトラブル直後に、コンビニで車で突っ込んだ渡辺正彦容疑者(52)が逮捕 千葉県夷隅郡大多喜町中野

事故の概要

2017年5月30日午前5時半ごろ、千葉県夷隅郡大多喜町船子のコンビニ「セブン-イレブン」に車が突っ込む事故がありました。

この事故での怪我人は出なかったという事です。

千葉県警勝浦署は、車を運転していた千葉県夷隅郡大多喜町中野に住む渡辺正彦容疑者(52)を建造物損壊容疑で逮捕しました。

事故の内容について

逮捕容疑は、千葉県夷隅郡大多喜町船子のコンビニ「セブン-イレブン」に軽乗用車で突っ込み、出入り口の自動ドアなどを壊したとしている。

同署によると渡辺容疑者は、コンビニで1000円程度の食料品を購入する際、520円しか払おうとせず、店員とトラブルになっていて、購入をあきらめた渡辺容疑者は店を出た直後、運転する軽乗用車で出入り口に突っ込んだということです。

警察の調べに対して、渡辺容疑者は「操作ミス」と話した後、黙秘を続けているということです。

同署は、トラブルの腹いせが動機とみて調べている。

補足関連記事

自動車でコンビニに車で突っ込んでしまった場合の損害賠償について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA