交通事故 木下香織容疑者(42)の軽乗用車が、竹澤清美さん(75)をはねて死亡させた事故 愛媛県宇和島市恵美須町の国道320号線

事故の概要

2017年5月28日午後8時過ぎ、愛媛県宇和島市恵美須町の国道320号線で、道路を横断していた宇和島市丸之内の竹澤清美さん(75)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、竹澤さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽乗用車を運転していた愛媛県宇和島市和霊東町の住む介護施設職員の木下香織容疑者(42)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/k/matsuyama/8003786451.html

事故の状況について

事故の現場はJR宇和島駅から西に200メートルあまりの片側3車線の国道で、竹澤さんが横断していた場所に横断歩道や信号機はありませんでした。

竹澤清美さんは国道を歩いて横断していたところ、右側から走ってきた木下さんの軽乗用車にはねられたとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します、

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA