交通事故 軽乗用車が対向車線にはみだし、タクシーと衝突した事故で栗原龍平さん(29)が死亡 埼玉県川口市西青木4丁目の市道

事故の概要

2017年5月23日午前0時ごろ、埼玉県川口市西青木4丁目の市道で、軽乗用車が対向車線にはみだし、対向のタクシーと衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた埼玉県川口市南鳩ケ谷7丁目の自動車整備士の栗原龍平さん(29)が病院に搬送されましたが、胸などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

タクシー運転手の男性(67)は胸部打撲などで軽傷。客の男性(44)も右手を打つ軽傷を負った。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00010006-saitama-l11

事故の状況について

川口署によると、事故の現場は見通しの良い片側1車線の直線道路です。

栗原さんは対向車線にはみ出し、タクシーの正面にぶつかっといことです。同署で事故原因を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日でも早く回復することを願っています。

交通事故 軽乗用車が対向車線にはみだし、タクシーと衝突した事故で栗原龍平さん(29)が死亡 埼玉県川口市西青木4丁目の市道 ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    あいつらしいや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA