交通事故 軽乗用車が電柱に衝突し、炎上した交通事故で、90代の女性が死亡 沖縄県那覇市楚辺の国道330号

事故の概要

2017年4月29日午後6時40分ごろ、沖縄県那覇市楚辺2丁目の国道330号で、20代の男性が運転する軽乗用車が電柱に衝突し、炎上する事故がありました。

この事故で経常乗用車に乗っていた男性と90代の女性が病院に搬送されましたが、搬送先の病院で女性の死亡が確認されました。

男性は命の別条はないということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00095555-okinawat-oki

事故の状況について

「電柱に車がぶつかっている」と119番通報があり、警察が駆けつけたところ、20代男性が運転していた軽自動車が対向車線にはみ出した後、電柱に衝突していました。

軽乗用車に乗っていた男性と同乗者の90代女性の2人が車外に出た後、車から出火し炎上したということです。

軽自動車は国道330号を古波蔵交差点から旭町交差点向けに進行中、何らかの理由で対向車線に進入し、そのまま対向車線側の電柱に衝突していました。

男性が居眠り運転をしていた可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA