交通事故 梅渓富子容疑者(63)の乗用車と原付バイクが衝突する交通事故で、永井憲太郎さん(46)が意識不明の重体 神奈川県秦野市名古木の国道

事故の概要

2017年4月29日午後5時半過ぎ、神奈川県秦野市名古木の国道で、市道に入ろうとして右折した乗用車と対向の原付バイクが衝突する事故がありました。

この事故で、原付バイクを運転していた市内に住む会社員の永井憲太郎さん(46)が体を強く打つなどして病院に運ばれ、意識不明の重体となっています。

乗用車を運転していた神奈川県平塚市に住む介護福祉士の梅渓富子容疑者(63)は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170430-00000027-jnn-soci

事故の状況について

事故の現場は信号機のないT字路で、梅渓容疑者は右折しようとした際、対向車線の車の陰から出てきた原付バイクに気づかず、衝突したということです。

警察は、梅渓容疑者に当時の状況を聴くなどして、事故の原因を詳しく調べています。

永井さんの意識が戻り、怪我から一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

T字路での自動車同士での交通事故の基本過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故 梅渓富子容疑者(63)の乗用車と原付バイクが衝突する交通事故で、永井憲太郎さん(46)が意識不明の重体 神奈川県秦野市名古木の国道” に対して1件のコメントがあります。

  1. WAKKEY より:

    意識不明のまま、治療もできず、本日5月15日14:01に息を引き取られたと連絡が入りました。
    ただただ無念でなりません。故人のご冥福を心よりお祈り致します。こんな事故は、もう2度と御免です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA