交通事故 物損事故を起こした細江郵便局長の鈴木一美容疑者(58)が飲酒運転の現行犯で逮捕される 静岡県浜松市中区和知山

事故の概要

2017年4月14日午後9時50分ごろ、静岡県浜松市中区和知山で、乗用車が住宅の壁に衝突する事故がありました。

乗用車を運転していたのは、静岡県浜松市中区和地山の細江郵便局の鈴木一美容疑者(58)の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され、飲酒運転の現行犯で逮捕されました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000005-at_s-l22

事故の状況について

鈴木容疑者は警察の調べに対して容疑を認めており、『ごめんなさい』と供述しており、飲んだ酒の量などを話しているということです。

本当に飲酒運転は本人のためにも、被害者のためにもやめて欲しいと願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA