交通事故 女子中学生(14)が軽ワンボックスカーにエンジンをかけたところ、急発進してしまい祖母の清水済子さん(78)をはねて死亡させてしまった事故 長野県中野市立ケ花

事故の概要

2017年3月30日午後3時35分ごろ、長野県中野市立ケ花の住宅敷地内にある車庫で、この家に住む中学2年の女子生徒(14)が軽ワンボックス車のエンジンをかけたところ、急発進し同居の祖母の清水済子さん(78)に衝突する事故がありました。

この事故ではねられた祖母は病院に搬送されましたが、胸を強く打っており、搬送先の病院で心破裂により死亡が確認されました。

引用元:http://www.sankei.com/affairs/news/170330/afr1703300037-n1.html

事故の状況について

中野署によると、清水さんはこの車で外出予定だったようで、孫の少女が車外から手を入れてキーを回したところ、突然発進したという。
車内に人はおらず、何らかの理由で車が走行可能な状態になっていた可能性があるということです。
事故の直後、少女が自ら119番通報しています。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA