交通事故 左折のトラックから、テトラポットが飛んできて乗用車に衝突した事故 北海道紋別郡湧別町

事故の概要

2017年3月30日午前11時ごろ、北海道紋別郡湧別町錦町の国道238号線で、走行中のトラックから波消ブロックが路上に落下し、対向車線を走行していた乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で乗用車に乗っていた40代の男女2名が胸や足などの痛みを訴え、病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000004-hokkaibunv-hok

事故の状況について

30日午前11時ごろ、北海道紋別郡湧別町錦町の国道238号線で交差点を左折していたトラックの荷台から、波消ブロックが落下しました。

この事故で、対向車線を走行していた軽乗用車が波消ブロックに衝突し、乗っていた40代の男女2人が胸や足の痛みを訴え、病院に運ばれましたがいずれも軽傷です。

警察は、トラックの運転手から話を聞き、ブロックの積み方に問題がなかったか詳しく調べています。

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

車やトラックの積み荷が落ちたことで起きた事故の罪と罰則について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA