交通事故 乗用車が軽乗用車に追突するひき逃げ事故 埼玉県さいたま市浦和区の県道

事故の概要

2017年3月27日午前7時50分ごろ、埼玉県さいたま市浦和区の県道で、乗用車が信号で停車していた軽乗用車に追突事故を起こしました。

この事故で公務員の男性は逃走する際に左膝に擦り傷を負いました。

逃走した乗用車は、公務員男性が車のナンバープレートなどを覚えていたため、埼玉県蕨市で逃走した男性が発見され、埼玉県の浦和署は傷害の疑いで、埼玉県三郷市高洲2丁目の職業不詳の男性(26)を逮捕しました。

警察の調べに対して容疑を認めているという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00010004-saitama-l11

事故の状況について

追突された軽乗用車の公務員の男性運転手(36)が、追突した乗用車のドアを開けて車から降りるように求めたところ、車を発進させて逃走したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

 

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA