交通事故 共産党の市議会議員(43)が自転車に乗る高校3年生の女子生徒をはねていた事故 埼玉県川越市

事故の概要

2017年3月7日午前9時20分ごろ、埼玉県川越市の交差点で、共産党の市議(43)が自転車に乗る高校3年生の女子生徒をはねる事故がありました。

この事故で女子生徒は足などに全治3週間の怪我を負いました。

市議は翌日の8日、埼玉新聞の取材に対し、事故の事実を認め、「ブレーキを踏むのが遅くてクリープ状態でぶつかってしまった。被害者には大変申し訳なく思っている」と話しています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010008-saitama-l11

 

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA