交通事故 衝突され制御を失ったワゴン車が、対向車線に飛び出し横転し、竹腰里志さん(37)が死亡 愛知県名古屋市中川区中島新町

事故の概要

2017年2月28日午後8時5分ごろ、愛知県名古屋市中川区中島新町3の市道で、平野幸一容疑者(21)が無免許で運転する乗用車に衝突され、ワゴン車が制御を失い他の車にぶつかりながら対向車線に飛び出し横転し、対向してきた軽乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で同市中村区太閤通5丁目の会社員竹腰里志さん(37)が首や胸の骨を折り、低酸素脳症で1日午前6時過ぎに死亡が確認されました。

対向車線で衝突した軽乗用車の男性(44)も首などに軽傷を負っています。

交通事故【続報】 無免許運転の車が追突事故を起こし、竹腰里志さん(37)を死亡させた事故で、平野幸一容疑者(21)と身代わりを名乗り出た19歳の少年を逮捕 愛知県名古屋市中川区

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000004-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000016-asahi-soci

事故の状況について

事故の現場は中央分離帯がある片側3車線の直線道路です。

左端の車線を走っていた愛知県大府市に住む平野容疑者が運転する乗用車が車線変更した際、右隣の車線を走っていた竹腰さんのワンボックス車と接触事故を起こし、その衝撃でワンボックス車が右隣の車線の乗用車と衝突しながら、中央分離帯を乗り上げて反対車線で横転してしまい、その後向かってきた軽乗用車と衝突したという事故です。

平野容疑者は、事故後に乗用車に同乗していた19歳の少年に身代わりを依頼し、少年は自分が事故を起こしたと警察に申告していました。

ワンボックス車を運転していた愛知県名古屋市中村区太閤通の会社員、竹腰里志さん(37)が首の骨を折るなど重体で病院に搬送されましたが、翌日の3月1日の午前6時過ぎに搬送先の病院で死亡が確認されました。対向車線で横転したワゴン車に衝突した軽乗用車の男性(44)も首などに軽傷を負っています。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日でも早く回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故の身代わりの罪と罰則について

交通事故のスピードと死亡率の関係

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA