交通事故 高速道路を逆走する軽トラックが大型トラックと正面衝突し、森上源一さん(90)が死亡 兵庫県三木市吉川町

事故の概要

2017年2月28日午後9時35分頃、兵庫県三木市吉川町の中国自動車道上り線で、大型トラックが逆走してきた軽トラックと正面衝突する事故がありました。

この事故で軽トラックを運転していた同市に住む森上源一さん(90)が頭を強く打っており、意識不明の重体で病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

大型トラックの男性運転手(55)に怪我はありませんでした。

県警高速隊によると、軽トラックが少なくとも3キロは逆走していたと考えられています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00050003-yom-soci

事故の状況について

事故現場は片側2車線の直線道路で、事故の約10分前に現場から約3キロ東の上り線上で「軽トラックが停止している」との110番があった後、「軽トラックが逆走している」との通報もはいったということでした。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA