交通事故 高速道路で車5台が絡む玉突き事故で、上津原善徳さん(63)が死亡 熊本県上益城郡益城町

事故の概要

2017年2月28日午前7時20分ごろ、熊本県上益城郡益城町の高速道路で、トラック2台と軽乗用車3台の計5台が絡む玉突き事故がありました。

この事故で軽乗用車の後部座席に乗っていた福岡県大牟田市岩本の会社員の上津原善徳さん(63)がトラックに追突されて頭を強打して死亡し、同市通町の会社員の下河和之さん(62)が意識不明の重体となっています。

その他7名が軽傷を負っています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000114-mai-soci

事故の状況

事故のあった現場は九州自動車道益城熊本空港インターチェンジ付近の下り線で渋滞が発生していました。

そこに上津原さんら4人の乗る軽乗用車にトラックが追突し、押し出された軽乗用車が前の車に衝突し事故に巻き込んでいきました。

最終的にはトラック2台と乗用車3台が絡む事故となり、最初に追突された軽乗用車から発火し、その前にいたトラックに火が移ったようです。

火災はかなり強い勢いとなり、約50分後に消し止められました。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA