交通事故 信号無視をして軽乗用車と衝突し、女性2名に怪我を負わせたひき逃げ事故で、22歳の男性を逮捕 京都府京都市伏見区羽束師志水町

事故の概要

2017年2月27日、京都府警向日町署は、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで、京都府京都市伏見区羽束師菱川町に住む塗装工の男(22)を逮捕しました。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000001-kyt-l26

事故の内容

2016年11月11日午後9時50分ごろ、京都府京都市伏見区羽束師志水町の外環状線で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、赤信号で交差点に進入して軽乗用車に衝突した事故。

この事故で軽乗用車を運転していた同区に住む女性会社員(41)と同乗のパート女性(47)に軽傷を負わせたまま、事故の現場を逃走したひき逃げ事故となっていました。

警察によると逮捕された男性は約15分後に戻り、駆けつけた署員が呼気から基準値を超えるアルコールを検出されていたとのことです。

補足関連記事

危険運転致死傷罪とは、どんな罪なのか?

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA