交通事故 51歳の男性に重傷を負わせひき逃げした砂川拓也容疑者(42)を逮捕 大阪府大阪市

交通事故の概要

2017年2月26日、51歳の男性をひき逃げした事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で大阪府門真市栄町の会社員の砂川拓也容疑者(42)を逮捕しました。

「ごみのような物にぶつかったが、人とは思わなかった」と容疑を否認している。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000529-san-soci

事故の内容について

2017年2月10日午前5時15分ごろ、砂川容疑者が乗用車を運転中に男性(51)をはねて重傷を負わせ、そのまま事故現場から逃走したひき逃げ事故がありました。

事故の現場は大阪府大阪市桑才新町の府道交差点で、横断歩道を渡っていた府警の男性職員をはね、男性に肩の骨折をさせる重傷を負わせて、そのまま逃げたものです。

警察によると、男性は出勤前のジョギング中に事故にあったようで、交差点を左折してきた乗用車に巻き込まれていて、防犯カメラ映像から砂川容疑者の関与が浮上したとのことです。

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA