交通事故 自転車に乗った医療事務員の男性(43)がひき逃げされた事故 埼玉県草加市

事故の概要

2017年2月24日午前1時前、埼玉県草加市の国道で、自転車に乗った男性が車にひき逃げされた事故がありました。

被害者の男性は43歳の医療事務員で、病院に搬送されましたが頭を強く打っており、重傷となっています。

警察ではひき逃げ事故として車両の特定を急いでいます。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00010000-teletamav-soci

事故の状況について

事故の現場は、埼玉県草加市花栗の国道4号線の信号機のある交差点で、片側2車線の横断歩道がある大きな道路でした。

通りかかった男性から「倒れた自転車の側に人が血を流して倒れている」と110番通報がありました。

警察が駆けつけると男性が頭から血を流して倒れていて、すぐに病院に搬送されました。

警察は、車が自転車に乗った男性をはねたあとそのまま走り去ったとみて、ひき逃げ事件として車両の特定など調べを進めています。

怪我をされた方が一日も早く回復することを願っています。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA