交通事故 トラックが前方のトラックに追突し、追突した60代の男性運転手が死亡し、追突された40代の男性運転手は意識不明の重体 東京都府中市

事故の概要

2017年2月6日午前4時過ぎに、東京都府中市の中央自動車道の上り線でトラックが前方を走行していた別のトラックに追突する事故がありました。

双方のトラックを運転していた男性2人のうち、追突した方の運転手が死亡し、もう1名は意識不明の重体となっています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170206/3659841.html

事故の概要

警視庁によりますと、追突したトラックを運転していた60代の男性が胸などを強く打っており、病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

また追突されたトラックを運転していた40代の男性も頭などを強く打って意識不明の重体となっています。

現場は、片側2車線の見通しのよいほぼ直線の道路で、渋滞は起きていなかったということで、警視庁が2人の身元の確認を進めるとともに事故の詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA