交通事故 自転車で4歳児に全治6か月の大怪我を負わせた19歳の少年が書類送検される。 東京都大田区

事故の概要

2017年2月3日、4歳の男の子に自転車で衝突し、全治6か月の大怪我をさせ、現場を逃走した”ひき逃げ事故”を起こした東京都大田区の19歳の少年が、書類送検されました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170203/k10010863101000.html

事件の内容について

2016年11月に幼稚園前の路上で、4歳の男の子に自転車で衝突し、頭に全治6か月の大怪我をさせました。

当時は子どもたちの帰りの時間帯で、複数の園児や保護者が路上に集まっていたということです。

その後、少年は自転車を処分し、証拠を隠しましたが、警視庁は防犯カメラの映像などから割り出したということです。

調べに対して少年は容疑を認めており、「将来に影響すると心配になり怖くなって逃げた。自分が犯人だと特定されないと思った」などと供述しているということです。

 

 

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA