交通事故 山本鉄也容疑者(43)が運転するトラックが自転車に乗っていた永幡望央さん(16)をはねて、死亡させた事故 大阪府大阪市西淀川区大和田1丁目

事故の概要

2017年2月2日午後7時5分ごろ、大阪府大阪市西淀川区大和田1丁目の大阪府道交差点で、自転車に乗っていた女子高校生が大型トラックにはねられ、死亡する事故がありました。

自転車に乗っていた女子高生は、大阪府大阪市此花区酉島の高校1年生の永幡望央さん(16)で、頭などを強く打っており、意識不明の状態で病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されてしまいました。

トラックを運転していた山本鉄也容疑者(43)は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕されています。

警察の調べに対して山本容疑者は「事故を起こしたのは間違いない。急いでいた」と供述しているという。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000002-asahi-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000014-mbsnewsv-l27

事故の状況について

事故の現場は信号機のある見通しの良い、片側2車線の交差点でした。

これまでの調べで、永幡さんは、学校から自宅へ帰る途中で、目撃者の話やトラックのドライブレコーダーの記録から、山本容疑者が赤信号を無視して、交差点に進入したとみられるということです。

山本容疑者は「配送する荷物を取りに行くのために急いでいた。自転車が見えて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと、供述しているということです。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故 山本鉄也容疑者(43)が運転するトラックが自転車に乗っていた永幡望央さん(16)をはねて、死亡させた事故 大阪府大阪市西淀川区大和田1丁目” に対して 4 件のコメントがあります

  1. ひろさん より:

    小学生の子供の希望で一緒に事故現場へ花を供えに行きました。
    若くて未来のある人の命を奪った事に悲しみが止まりません。
    今後同じ事が起こらない様、トラックのレーダブレーキ義務化の法改正を早急に望みます。

  2. みゆき より:

    私の中学生の娘は事故現場を通って友達と出かけることがよくあります。
    娘はこの事故のことを知らずに、昨日友達と事故現場を通ったそうです。
    たくさんの献花やお菓子が置いてあったそうで、娘たちも手を合わせたそうです。
    同じ年頃の娘を持つ親として、これからという将来を一瞬にして奪われた気持ち
    が計りしれません。一生この悲しみを背負っていくご家族の方を思うと胸が痛く
    なります。

  3. 活田ヒロ より:

    一概に車を運転している人が全て悪い言い方は違うと思います
    事故の原因を作っているのは自転車に乗っている人、走る場所、ちゃんと歩道を走っていれば事故はなかったのではないでしょうか?
    急いでいるからといって速度超過などあり得ない話で絶対に完全を確保しないといけないのがハンドルを握るドライバーの責任ですが、自転車や歩行者の人も考えて行動をとってもらえれば事故は必ず減ると私は日々思います!
    私はトラックの運転手です
    モラルのない自転車や歩行者に日々悩まされてますがその人達にとっては凶器を動かしていると思い仕事してます。事故はお互いに人生を駄目にする、大切な人を傷付けたくないので気を付けて仕事はしてるつもりです。
    一度も事故はしてません
    ハンドルを握って24年です。
    同じ年頃の娘もいてます
    だからこそ日々教えてます
    車道を走らない、携帯電話で音楽聞かない
    ラインなどしないと…

    1. 匿名 より:

      この事故に関しては、トラックの運転手が悪いですよ。全てのトラックの運転手が悪いと言っているのではない。よく読みなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA