交通事故 緊急走行していた2台の消防車が交差点で出会い頭に衝突し大破、一台はマンションに突っ込んでしまった事故 千葉県習志野市

事故の概要

2017年1月21日午後11時過ぎに千葉県習志野市の交差点で、緊急走行していた消防車2台が出合い頭に衝突し、はずみで1台がマンションに突っ込む事故がありました。

この事故で消防車に乗っていた消防団員6名が軽傷を負っています。

引用元:http://www.news24.jp/articles/2017/01/22/07352137.html

事故の状況について

習志野市の交差点で、火災現場に向かっていた地元の消防団の消防車2台が出合い頭に衝突し、2台の消防車はいずれも大破しており、うち1台はマンションにも突っ込んでいます。

この事故では消防団員の男性6人が軽いケガをしていますが、マンションの住民らに怪我人は出なかったとのことです。

火災はすぐに他の消防署の消防車に消し止められ、怪我人も出ずに火災の方も怪我人はいなかった。

2台の消防車は、別々の場所から緊急走行で現場に向かっていて、スピードを出したまま交差点に入り、衝突しており、警察が詳しい原因を調べています。

 

怪我をされた方が一日も早く回復することを祈っています。

補足関連記事

緊急走行のパトカーなどの緊急車両と交差点で出会い頭に衝突した場合の過失割合について

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA