交通事故 基準値の3倍を超えたアルコール量の飲酒運転で当て逃げ事故を起こした荒木太一郎容疑者(39)が逮捕される 福岡県福岡市西区

事故の概要

2017年1月 9日午前0時半ごろ、福岡県福岡市西区の駐車場で「当て逃げがあった」と通報があり、パトカーが現場周辺でフロント部分が大きく損傷した乗用車を発見しました。

乗用車を運転していた会社員の荒木太一郎容疑者(39)からは基準値の3倍を超すアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170109-00000036-ann-soci

補足関連記事(飲酒運転)

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

当て逃げの罪について 罰則や時効について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA