交通事故 木村鯛容疑者(20)が運転するワゴン車が新成人8名を乗せてガードレールに衝突し、吉田恭子さん(19)が死亡した事故 岐阜県羽島郡岐南町八剣

交通事故の概要

2017年1月8日午後10時半ごろ、岐阜県岐南町八剣の国道21号で、新成人8人が乗るワゴン車がガードレールに衝突する交通事故がありました。

この事故で5人が病院に搬送されましたが、うち19歳の少女の死亡が確認されました。8人は成人式に出席した帰りだった。

岐阜県警岐阜羽島署は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、ワゴン車を運転していた岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町の会社員木村鯛容疑者(20)を現行犯逮捕されています。

引用元:
http://www.sankei.com/west/news/170109/wst1701090008-n1.html
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017010990013100.html
http://www.news24.jp/articles/2017/01/09/07351026.html

事故の状況について

8人はこの日、岐阜県各務原市内で成人式を終えた後、同市内で二次会などに参加していた。

その後、みんなで岐阜市内のレジャー施設に向かっている途中の事故で、当時の路面は雨で濡れていました。

木村容疑者は飲酒してはいなかったようです。

事故当時、ワンボックスカーの後ろを走っていた目撃者によると、「猛スピードで追い抜かれた」と話しているということで、スピードの出し過ぎでハンドル操作を誤った可能性もあるとみて詳しく調べている。

ワンボックスカーが道路脇のガードレールに衝突したはずみで、外に投げ出された短大生の吉田恭子さんが胸を強く打ち、間もなく死亡したほか、20歳の女性4人がケガをした事故になりました。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

当て逃げの罪について 罰則や時効について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA