交通事故 飲酒運転をしていた五十嵐利一容疑者(66)の軽乗用車が信号機に衝突して妻の真理子さん(67)が死亡 栃木県宇都宮市

事故の概要

2016年12月29日午後9時50分ごろに、栃木県宇都宮市下戸祭の市道で、軽乗用車が信号機に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車の助手席に乗っていた栃木県宇都宮市野沢町95の五十嵐真理子さん(67)が死亡しました。

軽乗用車を運転していた夫の五十嵐利一容疑者(66)の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたため、宇都宮中央署は2016年12月29日に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕されました。

引用元:http://www.sankei.com/affairs/news/161230/afr1612300010-n1.html

事故の状況について

交通事故の現場は片側1車線の直線道路で、五十嵐容疑者が運転操作を誤ったとみて詳しい事故原因を調べています。

 

お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA