交通事故 飲酒運転でガードレールに接触し、横転した男性が現行犯逮捕される事故 埼玉県比企郡小川町

事故の概要

2016年12月26日午後0時20分ごろ埼玉県比企郡小川町で道路左側のガードレールに衝突して横転した事故がありました。

車を運転していた埼玉県比企郡小川町大塚の無職の男性(45)の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出されました。

埼玉県小川署では同日道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、男性を現行犯逮捕しています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00010012-saitama-l11

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

当て逃げの罪について 罰則や時効について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA