交通事故 免許取消処分を受けた男性(29)が無免許で飲酒運転を行い追突し怪我を負わせひき逃げした事故 滋賀県大津市

事故の概要

2016年12月24日午前0時ごろに滋賀県大津市同市滋賀里2丁目の西大津バイパスで、飲酒で無免許運転の乗用車が軽乗用車に追突する事故がありました。

追突した軽乗用車は、事故現場から逃走するひき逃げ事故を起こしました。

この事故で軽乗用車に乗っていた滋賀県大津市の男子大学生(22)と同乗していた滋賀県大津市の女子大学生(22)が首や腰などに軽傷を負っています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000022-kyt-l25

事故の状況

前輪がなく立ち往生している車があるとの通報があり、事故現場から約4キロ離れた滋賀県大津市坂本6丁目で追突した車を発見し、ひき逃げした男性は逮捕されましたが、この男性の呼気から基準値を超えるアルコールを検出されました。

飲酒運転とひき逃げで逮捕されたのは、滋賀県大津市比叡辻2丁目の会社員の男性(29)で、2016年12月24日に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の疑いで逮捕されており、無免許運転であったことも明らかにされました。

警察の調べに対して容疑を認めているということです。

 

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA