交通事故 消防士の佐藤大輔容疑者(25)が飲酒運転で追突し、車を置いて逃走するひき逃げ事故。同乗の遠藤大介容疑者(24)も逮捕 岐阜県岐阜市住ノ江町

事故の概要

2016年12月24日午前4時ごろに、岐阜県岐阜市住ノ江町1丁目の市道交差点で、消防士が酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、市内に住む会社員男性(48)の軽乗用車に衝突する事故がありました。

その後、事故を起こした消防士は怪我をした男性を放置し、事故現場を逃走するひき逃げ事件となりました。

酒気帯び運転していたのは、岐阜県関市関ノ上3丁目の消防士の佐藤大輔容疑者(25)で、この車に同乗していた同県美濃市藍川の会社員遠藤大介容疑者(24)の2名を逮捕しました。

警察の調べに対して、二人は容疑を認めています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000073-asahi-soci

事故の状況

佐藤容疑者は乗用車を飲酒運転し、48歳の会社員男性の軽乗用車に衝突したことで、相手の男性は右腕や右ひざに怪我をしました。

佐藤容疑者は同乗者の遠藤大介容疑者(24)と一緒に乗用車を置いて立ち去りましたが、佐藤容疑者は約30分後、遠藤容疑者は約1時間後に現場に戻ってきたとのことです。

怪我をされた方が一日も早く回復するように心からお祈り致します。

補足関連記事

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA