交通事故 川畑悠里子さん(35)が運転する軽自動車が道路わきのコンクリート壁に衝突する事故 和歌山県串本町古座

事故の概要

2016年12月4日午後11時5分ごろ、和歌山県串本町古座の国道42号で、和歌山県那智勝浦町勝浦の川畑悠里子さん(35)が運転する軽乗用車が、道路わきのコンクリート壁に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車の助手席に乗っていた長男の優月君(9)が腹部を強く打ち病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

運転していた川畑さんと後部座席に座っていた長女(11歳)、次女(0歳)は軽傷とのことです。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000071-san-soci

事故の状況

事故現場となったのは片側1車線の直線道路で、和歌山県御坊市に単身赴任中の夫の家から帰宅途中での事故でした。

川畑さんが運転する軽自動車は道路の左側にある高さ60センチの壁に衝突して、左前部から大破しています。

路上にブレーキ痕は見つかっておらず、川畑さんは「うとうとしていた」などと話しているとの事です。

亡くなられた子供の冥福を心からお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

道路標識や街路樹などの公的なものを壊した場合の損害賠償額の相場について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA