交通事故 飲酒運転の消防士がセンターラインを越えて正面衝突 奈良県大和高田市

事故の概要

2016年11月30日午前1時前に奈良県大和高田市の国道で飲酒運転の乗用車がセンターラインを越えて対向車に正面衝突する事故がありました。

乗用車を運転していたのは、桜井消防署の消防司令補の森本久博容疑者(45)で森本容疑者から基準値をこえるアルコールが検出されたため、現行犯逮捕されました。

正面衝突をした対向車を運転していた男性は軽傷で命に別状はないということです。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000028-mbsnewsv-l29
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20161130/4833001.html

 

事故の状況

森本容疑者は前日の29日は休みで、午後10時半ごろまで桜井消防署の懇親会に出席していたようです。

その2時間後、今回の交通事故を起こしています。森本容疑者は酒を飲んで車を運転していることに間違いがありませんと容疑を認めているとの事です。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA