交通事故 飲酒運転で歩行者ふたりをはねる事故 岐阜県大垣市

事故の概要

2016年11月29日午後6時半ごろ、岐阜県大垣市で飲酒運転している自動車が横断歩道を横断していた男性2名をはねる事故がありました。

乗用車を運転していたのは岐阜県大垣市に住むホテルのパート従業員である山上利秋容疑者(61)で酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00001190-cbcv-soci

 

事故の状況

事故の現場は大垣市内の交差点で山上容疑者が右折するときに横断歩道上にいた歩行者に接触しており、この事故により男性二人は手や足を打つ軽傷を負っています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA