照井セイさん(87)が軽乗用車にはねられ死亡 岩手県花巻市の県道

2018年2月22日午後6時半ごろ、岩手県花巻市の県道で、道路を横断していた80代の女性が、軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で岩手県花巻市湯口に住む照井セイさん(87)が病院に搬送されましたが、頭などを強く打ち、病院に運ばれましたがおよそ8時間後に、外傷性くも膜下出血のため死亡しました。

警察は軽乗用車を運転していた女性から、話を聞くなどして詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の直線道路で横断歩道はなく、街灯はまばらで夜間は暗い場所で、照井さんは自宅前の県道を歩いて横断していたところ、左から来た軽乗用車にはねられたとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA