パトロール中の白バイと軽乗用車が衝突する事故 静岡県浜松市東区中野町の国道1号

2018年2月21日午後1時前に、静岡県浜松市の国道で、パトロール中の白バイと軽乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、白バイに乗っていた40代の男性警察官が、両手首を骨折するなどの重傷です。

また軽乗用車を運転していた50代の会社員の男性も首をうち軽傷を負っています。

事故の状況について

事故があったのは、静岡県浜松市東区中野町の国道1号上り線の片側4車線の道路で、軽乗用車が本線に合流しようとした際、本線を走っていた白バイが追突する形で事故が起きました。

警察が事故の起きた原因を調べています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

緊急走行時でない場合には、白バイとの事故であっても通常の事故と同じように取り扱われます。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA