パトカーから逃走する近藤克成容疑者(24)がひき逃げ事故を起こし逮捕 大阪府大阪市中央区西心斎橋

2018年2月19日未明、大阪府大阪市中央区西心斎橋で、警察に追われた飲酒運転の車が信号待ちの車に衝突し、そのまま逃走する事故がありました。

この事故で、追突された車に乗っていた男性は怪我をしたため、人身事故での逃走であったため、警察は逃走した車を運転していた滋賀県大津市に住む会社員の近藤克成容疑者(24)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は大阪市のJR芦原橋駅前の交差点で、近藤容疑者は車で一方通行を逆走してパトカーに追われ、JR芦原橋駅前の交差点で信号待ちをしていた車に接触事故を起こしました。

乗り捨てられていた車が親族の名義だったことや、防犯カメラの映像から近藤容疑者を割り出したということです。

警察の調べに対して近藤容疑者は「飲酒運転がばれてしまうと思い、事故現場から逃げました」と供述して容疑を認めています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA