軽乗用車と乗用車が正面衝突した事故 山形県米沢市万世町梓山の東北中央自動車道のトンネル

2018年2月18日午後5時45分ごろ、山形県米沢市万世町梓山の東北中央自動車道のトンネルで、軽乗用車と乗用車が正面衝突する事故がありました。

この事故で、双方の車に乗っていた6人全員が病院に搬送され、そのうち軽乗用車に乗っていた東京都足立区に住む森浩紀さん(33)が意識不明の重体のほか、5人が重軽傷を負っています。

引用元:https://follow.yahoo.co.jp/themes/0db0bf9739e98be56027

事故の状況について

東北中央道の水窪第一トンネルで、福島大笹生インターチェンジ方面に向かっていた軽乗用車がトンネル内で簡易の中央分離帯を突破し、対向車線にはみ出したとみられています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

正面衝突事故の場合、回避不能のタイミングで、被害者が対向車線に飛び出していた場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA