軽乗用車と軽トラックが衝突し、香妻真一さん(54)が死亡 鹿児島県鹿屋市串良町上小原の国道220号の交差点

2018年2月18日午前8時過ぎに、鹿児島県鹿屋市串良町上小原の国道220号の交差点で、軽乗用車と軽トラックが衝突する事故がありました。

この事故で、軽トラックを運転していた近くに住む会社員の香妻真一さん(54)が病院に搬送され、意識不明の重体となっていましたが、約17時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

また軽乗用車を運転していた鹿屋市に住む男性(26)も病院で治療を受けています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00028099-mbcnewsv-l46

事故の状況について

事故の事故の現場は信号機のある交差点で、軽乗用車と右から走ってきた軽トラックが衝突したとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA