川崎鶴見臨港バスと乗用車の事故 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台の市道交差点

2018年2月14日午後8時40分ごろ、神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台の市道交差点で、路線バスと乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、バスの乗客の会社員の女性(40)が額に軽傷を負いました。

事故の状況について

鶴見駅西口発菊名駅行きの川崎鶴見臨港バスと神奈川県横浜市鶴見区に住む会社員の男性(40)の乗用車に衝突した事故です。

事故の現場は信号機がある片側1車線の十字路の交差点で、バスが交差点を直進した際、右方向から右折してきた乗用車と衝突していて、乗用車の男性は「考え事をしていて、信号を見た記憶がない」などと話しています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

信号機のある交差点での事故の基本過失割合について ~直進対直進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA