14歳の男子中学生がふたりが乗るバイクと乗用車が衝突した事故 京都府京都市伏見区深草下川原町の国道24号の交差点

2018年2月15日午後6時10分ごろ、京都府京都市伏見区深草下川原町の国道24号の交差点で、右折中のワンボックス車と、直進してきたオートバイが衝突する事故がありました。

この事故で、オートバイに乗っていた同区に住むいずれも14歳の男子中学生がふたりとも病院に搬送されて、1人は頭などを強く打ち意識不明の重体、もう1人も右足を骨折する重傷を負っています。

ワンボックス車を運転していた京都府精華町に住む男性(39)に怪我はありませんでした。

警察の取り調べに対して「オートバイに気付かなかった」と説明しているということです。

事故の状況について

事故の現場は信号機のある交差点だったということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA