女子大学生(22)が車にひき逃げされる事故 愛知県名古屋市中川区畑田町

2018年2月13日午後11時ごろ、愛知県名古屋市中川区で、自転車に乗っていた女子大学生(22)が車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、女子大学生は救急車で病院に運ばれ、みぞおちの辺りを打つ軽傷を負っています。

警察はひき逃げ事件として、逃げた車の行方を追っています。

事故の状況について

事故の現場は、愛知県名古屋市中川区畑田町の信号機のない交差点で、自転車に乗った女子大学生(22)が路地の角を曲がろうとしたところ、反対側から来た車とぶつかりました。

車に乗っていた30代位の男性は、いちど車から降りて女子大学生に『だいじょうぶ?』と声を掛けましたが、その後、車で走り去ったということです。

逃げた車は銀色のワンボックスタイプで、運転手は灰色の作業着を着ていたということです。

補足関連記事

交通事故は、外傷がなくても後日容体が急変することもあるので、病院に搬送し、診断を受けさせる事がほんとうに大切です。

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA