自転車の女性が乗用車と衝突し、帰宅後、容態が悪化して死亡 埼玉県川口市川口6丁目の市道交差点

2018年2月11日午前10時15分ごろ、埼玉県川口市川口6丁目の市道交差点で、自転車に乗っていた同市に住む女性(69)が乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、警察と救急車が駆けつけましたが、女性に外傷などがなかったことから、そのまま帰宅しましたが、翌日の12日朝に自宅で容態が急変し、病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で、乗用車を運転していた埼玉県川口市に住む会社員の男性(36)から事情を聴くとともに、女性の死亡の原因などを調べています。

事故の状況について

事故の現場は信号機のない交差点で、乗用車がさいたま市緑区方面から東京都北区方面へ走行中に、交差点右から進行してきた自転車の女性と衝突したということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

なんでもないと思っても病院に行くということは凄く重要なんですが、実際に事故にあった場合になかなかできないことのひとつです。

本当に残念でなりません。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA