軽自動車が自転車に乗っていた93歳の男性をはねる事故で、田島雄右容疑者(76)を逮捕 群馬県伊勢崎市境栄の県道の交差点

2018年2月10日正午過ぎに、群馬県伊勢崎市境栄の県道の交差点で、軽自動車が自転車に乗っていた93歳の男性をはねる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた男性が病院に搬送されましたが、頭を強く打つなどしていて重傷を負っています。

警察は、軽自動車を運転していた田島雄右容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180211-00000006-ann-soci

事故の状況について

伊勢崎市境栄の交差点で、直進していた軽自動車が左側から進んできた93歳の男性が乗る自転車をはねました。

はねられた男性は頭から出血したほか、左右の肋骨や太ももの骨を折る重傷を負いましたが、意識はあり、命に別状はないということです。

軽乗用車を運転していた田島容疑者はアルバイトに向かう途中で、事故の現場の交差点には、信号機はなく、警察が詳しい事故原因を調べています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA