居眠り運転の乗用車が歩道に突っ込む事故 東京都世田谷区深沢の交差点

2018年2月10日午後4時半ごろ、東京都世田谷区深沢の交差点で、居眠り運転の乗用車が歩道に突っ込む事故がありました。

この事故で、信号待ちをしていた21歳の男性が頭を骨折する重傷、68歳の男性が軽傷を負いました。

乗用車を運転していた男性は「居眠りをしていた」などと話しているということで、警視庁が原因をさらに調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180211-00000012-jnn-soci

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA