細山孝治さん(86)が運転する軽乗用車が妻の澄子さん(80)をはねた事故 石川県津幡町太田

2018年2月8日午後1時半ごろ、石川県津幡町太田で、自宅敷地内で細山孝治さん(86)が運転する軽乗用車が妻の澄子さん(80)をはねる事故がありました。

この事故で、澄子さんは病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、意識不明の重体だということです。

事故の状況について

事故当時、澄子さんは家族数人とともに自宅敷地内の除雪作業をしていて、エンジンがかかったまま停車していた2台の車の間にいたようです。

孝治さんが除雪するため車を前進させた際、澄子さんの存在に気付かずにはねたということで、近所の住民によりますと、孝治さんは事故の直後「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」とも話していたということでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA